広く暮らす工夫

小さな家でも狭さを感じずに暮らせるように心がけていること、モノを増やさない工夫とは?

広く暮らす工夫

[モノを増やさない方法]家のモノを全部出して気づいたこと

外出自粛期間を利用して、すべてのモノを全部出して片づけをしました。そこで気づいた、モノを増やさないためにやった方がいいこと2つです。
広く暮らす工夫

狭小住宅の快適を作るのは“天井の高さと明るさ”

狭い敷地に家を建てようとすると、できるだけ面積を広くしよう、部屋数を増やそうとしてしまいがち。でも、快適さに面積以上に影響するのが、天井高や採光です。
広く暮らす工夫

“あると便利なモノ”は買わない

小さな家での生活が快適になるように、モノを増やさないようにしています。そのために心がけているのが、持ち物を定期的に見直すことと、これ以上モノが増えないようにすること。特に簡単にモノを買ったり、もらったりしないことです。
広く暮らす工夫

コンプレックスがモノを増やす

本を減らす作業をしていく中で、モノが増えていくこととコンプレックスの関係について気づきました。
広く暮らす工夫

リビングに家具を置かないためにやったこと

引っ越してきた当時、リビングにあった大きな食器棚やダイニングテーブル、ミニソファ。これらの家具をどんな手順でなくしていったかを紹介します。
広く暮らす工夫

家が小さいからこそモノ選びの基準を持つ

引っ越し後、モノを減らしていく中で、自分なりのモノを買う時、手放す時の基準が生まれました。
広く暮らす工夫

小さくても快適な家にするために必要なこととは?

狭小住宅の家づくりでは、いかに必要なものを選び取っていくかがポイント。実は難しいこの作業の中で、大切なこととは?
広く暮らす工夫

小さな家が広く見えるように心がけていること

小さな家に引っ越してから、いくつかの家具やモノを手放しました。それは小さな家を広くみせるポイントに気づいたからです。
スポンサーリンク