子ども部屋

小さな家のこだわりと工夫

【狭小住宅】高校生、中学生の子ども部屋。わが家の結論

色々と変えてきて、ついに最終形になりそうな兄弟2人の子ども部屋。わが家の考える「狭小住宅の子ども部屋」の結論です。
持たない暮らし

【子供服の収納】息子の服を「少なめ」にしている理由

男の子2人兄弟のわが家ですが、遊びに来た人に子ども服が少ないと言われます。「安いものをたくさん派」から、少数精鋭に変えた理由を書きました。
小さな家のこだわりと工夫

【狭小住宅】約7畳を高校生、中学生の2人の子ども部屋にしました

ずっと課題だった、狭小住宅の子ども部屋問題。スキップフロアの造りを生かして、約7畳の部屋を2人で使うことになりました。
スポンサーリンク
小さな家がいい理由

[狭小住宅のメリット]冬に一番感じる“やっぱり家は小さくていい”

寒い季節になると、いつも思うことがあります。それは「やっぱり家は小さくていい」です。暖かいリビングに4人が過ごすことが多い冬に改めて感じたことを書きました。
家づくり

[築19年に思うこと①]家を建てた時にやってよかった3つのこと

先月、わが家の小さな家が19歳になりました。築19年・20年目に突入です。長く住んできて、建てた時に決めてよかったことを書いてみました。
小さな家におすすめのもの

[子ども部屋のベッド]移動しやすさ=掃除しやすさ

ようやく梅雨明けしたので大掃除を決行!ベッドの動かしやすさは、掃除のしやすさにもつながるというお話です。
小さな家のこだわりと工夫

[幼児〜高校生になるまで]狭小住宅の子ども部屋

長男が個室が欲しいと言い出し、模様替えを決行。これまでの子ども部屋の変遷と、子ども部屋の広さについてのわが家の結論です。
家づくり

家を建てるなら子どもが生まれる前、後?

夫婦2人の時期に家を建てたわが家。子どもがいない時に家を建てることは、家のプランや立地の面でメリット、デメリットがありました。
小さな家のこだわりと工夫

狭小住宅の子どもスペース

わが家では子ども部屋の個室よりも、リビングの子どもスペースを使う時期が長くなりそうです。狭いリビングにコーナーを作る時に気をつけているポイントを紹介します。
小さな家のこだわりと工夫

狭小住宅で子ども部屋はどうする?

狭小住宅に家族で住めるかを判断する上でポイントになるのが、子ども部屋をどう考えるかです。
スポンサーリンク