スポンサーリンク

[キッチンの照明]ガラスのペンダントライトを掃除しました

キッチンの照明は汚れやすい

キッチンのシンク上に吊り下げているガラスのペンダントライト。ずっと汚れが気になっていました。

そもそもシェードがガラスということで汚れが目立つだけでなく、キッチンという場所柄、油もつくせいか、埃がつきやすく、しかもベタッとしています。

まめにから拭きすればいいのですが、そもそも脚立を使わなければ届かないので面倒なのです。

その上、下のシンクに洗ったものを干していることが多く、埃が落ちるのが気になって、つい先延ばしにしてしまいがちでした。

今回はさすがに遠目からも汚れが分かるぐらいになっていたため、重い腰をあげて掃除することにしました。

キッチンの照明
ペンダントライトは遠藤照明のものです

拭くのではなく“洗う”

では、どうやってキレイにするかというと、「洗う」のです。

このペンダントライト、ガラスのシェードがソケットにネジで留まっていて、このネジをドライバーで外し、シェードだけを水洗いしてしまいます。

洗い方は食器と同じ。洗剤をつけて使い古したスポンジでじゃぶじゃぶ洗うだけです。

拭くだけの時とは違い、とてもキレイになります。

シェードを干しているところ
洗って干しているところ
シェードを外したところ
シェードを外した状態

デザインだけでなく、お手入れ方法もチェック

このお手入れ方法、実はライトを買った時は全く考えていませんでした。

最初は普通にから拭きしていましたが、ネジを外す方法に気づき、やってみたところ、思っていた以上にピカピカになり、以来、この方法でやるようになりました。

キッチンの照明は他の部屋に比べて埃がつきやすいので、可能ならシェードが取り外せて洗えるとお手入れがラクだと思います(但し、わが家は独断でやっていますので、メーカーが取り外しを想定していない可能性はあります)。

ちなみにわが家には新築時、ダイニングテーブルの上に吊るし、テーブルがなくなった今はコードを短くして使っているペンダントライトもありますが、こちらはシェードを外せません。

ペンダントライトを選ぶ場合は、デザインだけでなく、お手入れの方法についてもチェックしてみるといいと思います。

キッチン全体
わが家のキッチンです
ブログランキングに参加しています

家づくり
スポンサーリンク
シェアする
かずをフォローする
小さな家の暮らし方