スポンサーリンク

[捨てない生活]不要な2021カレンダーの活用は12月早めに!

早くもいらないカレンダーが溜まってしまった

夫が設計事務所をやっているので、年末はメーカーさんなどからカレンダーをいただくことが多いです。

でも、わが家でカレンダーを使うのは、キッチンと子供部屋の2カ所のみ。

キッチンのカレンダーは色々書き込みたいので、毎年、保険会社の担当者さんが送ってくれるものを使っています。

というわけで、他のカレンダーはいらなくなってしまうのです。

長いつき合いの方には「カレンダー使わないので、もったいないからいいですよ」とお伝えしていますが、一方的に送られてきたり、営業回りのついでにポストに入っていたりすることも多いです。

そんなわけで、12月に入ったばかりだというのにすでにいらないカレンダーが3つ溜まってしまいました…。

実は1件、わざわざ「カレンダーを送りたい」と住所の確認をしてきてくださった会社さんがあったのですが、なんとなく断りきれず…。

その時、頭のどこかに「すでにいらないカレンダーが2つあるし、今年もカレンダーリサイクル市で活用してもらおう」という気持ちがあったのも事実です。

カレンダーリサイクル市とは?

カレンダーリサイクル市とは、不要なカレンダーを回収(送料は送り主負担)して、販売するイベント。収益は寄付したり、活動費として使ったりするそうです。

[不要なカレンダーをカレンダーリサイクル市に送った話]

お礼状をいただいた話はこちら]

特に北海道ではこのカレンダーリサイクル市がさかんで、各地域の社会福祉協議会やユネスコ協会で開催されています。

2021年のカレンダーリサイクル市は中止多数

ところが、調べてみると、今年は新型コロナの影響で、すでにカレンダーリサイクル市の中止を決めている団体がいくつかあるようです。

札幌ユネスコ協会

今年初めて知ったのですが、NPO法人日本災害救援ボランティアネットワークでも「チャリティカレンダー市」を開催していたようですが、こちらも中止。

20200924151114 of 日本災害救援ボランティアネットワーク
日本災害救援ボランティアネットワークは災害に特化した認定NPO法人です。

昨年、いただいたお礼状を見る限り、例年、リサイクル市はどこも盛況だったようなので、密を避けるという意味では仕方ないのでしょうね。

今年、使わないカレンダーを寄付できるところはある?

改めて寄贈できるところがないか探してみたところ、東京都千代田区、品川区の社会福祉協議会でもカレンダーや手帳を回収していました。

これはリサイクル市ではなく、地域の高齢者に民生委員さんを通して配布(品川区)、来所された方に配布(千代田区)する形式なので、中止にならなかったのでしょう。

但し、回収時期はどちらも12月18日(金)まで。事前に電話もしなければいけないので、時間がありません。

そういえば、過去にもこうした情報を見つけたものの、すでに募集が締め切られていて間に合わなかったのでした。

早速、品川か千代田区の社会福祉協議会に電話して、発送したいと思っています(送料はこちら負担です)。

余ったカレンダーを回収しているところを探すには?

このブログにも「使わないカレンダー」で検索してきてくださる方がいらっしゃるようです。

今回、書いたように今年は回収先が少ないかもしれませんが、例年は次のような団体で回収をしていることが多かったので、お住まいの地域で検索したり、問い合わせたりしてみてはいかがでしょうか?

[カレンダーを回収していたことがある団体(地域によってやっていない場合も多いです)]

  • 社会福祉協議会
  • ユニセフ
  • コープ
  • その他、ボランティア団体

こうやって書いていて改めて思うのは、やはりできる限り、いただかないようにすることが大切だということです。

そして、私のように活用法を探している人もいれば、新年のカレンダーが欲しい人もいるというのはミスマッチだなと。

企業も当たり前のようにカレンダーを作る習慣を見直してくれるといいですね。

カタログももらわないようにしています