スポンサーリンク

不要な2022年カレンダーのリサイクルは今がチャンス!

毎年、この時期になると、「カレンダー 寄付」などのキーワードで検索して、こちらのサイトを訪れてくださる方がいるようです。

これらの記事を書いたきっかけは、毎年、ノベルティやおつきあいのある会社からの年末年始のご挨拶、雑誌の付録などでカレンダーが使い切れないほど溜まり、お正月に親族で集まると、みんながカレンダーを持て余している状態だったこと。

その一方で、義姉の勤務先の個人病院では、業者さんなどからいただくカレンダーを受付に置いておくと、あっという間になくなるという話を聞き、欲しいけれど手に入らないという人も多く、このミスマッチはどうにかならないものか?と調べたことでした。

そして、社会福祉協議会でカレンダーを集めて希望者に配る取り組みや、ボランティア団体などがカレンダーを集めて販売する「カレンダーリサイクル市」が、年末や年始に行われたりしていることを知りました。

2021年はコロナの影響で中止が多かったようですが、今年は再開するところが多いようです。

■品川区社会福祉協議会

受付期間:11月15日(月)〜12月17日(金)必着

活用方法:民生委員を通じ、ひとり暮らしの高齢者や希望する方に配布。

社会福祉法人 品川区社会福祉協議会
社会福祉法人 品川区社会福祉協議会では、地域の皆さんが安心して暮らすことができる社会を実現するために、さまざまな事業や支援を行っています。

※「ニュース」11.4更新/令和4年・2022年版カレンダー・手帳のご寄付承ります!に詳細があります

千代田区社会福祉協議会

受付期間:11月15日(月)〜12月20日(土)必着

活用方法:来所された方に配布。

トピックス
千代田区社会福祉協議会(ちよだ社協)は地...

■千歳市社会福祉協議会

受付期間:12月28日(火)

活用方法:2022年1月12日〜開催のリサイクルカレンダー市で販売。

※千歳市社会福祉協議会ホームページの「トピックス」11.22更新に詳細があります

■日本災害救援ボランティアネットワーク

受付期間:2022年1月6日、7日のみ

活用方法:チャリティカレンダー市で販売

※日本災害救援ボランティアネットワークホームページのトップに「カレンダー市開催のお知らせ」があります

■ケナフの会

受付期間:12月18日(土)〜1月7日(金)必着

活用方法:チャリティカレンダー展で販売。

【以前は回収していたが、今年も中止が決定している団体】

■札幌ユネスコ協会「カレンダーリサイクル市」

<ご注意ください>

どこも集めているカレンダーは2022年のものだけです。回収方法、回収時期、回収するものなど、それぞれ異なります。必ずホームページで詳細をご確認ください(すべて12月6日現在の情報です)。

すべて私が調べた情報であり、掲載の許可をいただいているわけではありません。URLはリンクフリーとなっているサイトのみ載せていますが、問題がある場合は削除いたします。

1つでもゴミとして捨てられるカレンダーが減り、欲しい人の手元に届くとうれしいです。